百人一首1

提供: Zikipedia
移動先: 案内検索

1.天智天皇

秋(あき)の田(た)の かりほの庵(いほ)の 苫(とま)をあらみ

わが衣手(ころもで)は 露(つゆ)にぬれつつ

解説 秋の稲田のほとりの仮小屋で番をしていると、 その屋根にふいた苫の編み目があらいので、 払っても払っても私の 袖は夜露にぬれることだ。